遅刻

590: 恋人は名無しさん 投稿日:2013/03/14(木) 13:24:49.50 ID:FR5uM+qG0
豚切りスマソ

バイト先で知り合った元カレ
仕事に二時間以上の遅刻は当たり前だった。
それを周りの人達に責められ逆ギレ。
黙って話聞いてたけど「今お前の腹殴る想像してる」って言われて引いた。
自分が悪いのになんで私殴る想像するかイミフ。
そのあとバイトにランクあったんだけど店長に言ってランク下げてもらったってドヤ顔で言ってたけど
ランク下げても遅刻治んなきゃしょうもないだろが。

あとは私が掛け持ちバイト始めたら浮気めっちゃ疑うようになった。
会ったらまずケータイチェック。新しく電話帳登録されてる男の人の名前見ると
「誰これ?浮気?電話帳消せ」ばっか。女の子の名前ははスルー。
掛け持ちバイトの飲み会いくと30分に一回はメールよこせとうるさい。
メールし忘れると「そろそろ死ぬね」ってメールが来る。

そのくせ自分は飲み誘われると私ほっぽってソッコー行くし
飲み会で女の子の肩抱いたりやたら絡みまくったり

決定的に引いたのが元彼の家でお風呂入ってた時。
ユニットバスだったんだけど私がお風呂入ってる横でウ○コし始めた
カーテンもなかったからしてる姿丸見え。

オデンぶっかけてスカっっとした

続きを読む

538: 恋人は名無しさん 投稿日:2013/03/12(火) 15:37:52.69 ID:qM7OviaX0
付き合う前からそうだったんだけど遅刻魔だった。
いつも2時間とか遅れるし、最悪な時は7時間の遅刻をしてきた。
まぁそれでも好きだったから我慢して付き合ってた。
友達関係でイザコザがあり辛かった時があって、彼氏にしか頼れない状況だったんだけど彼氏も彼氏で友達を優先。
どうしても誰かに相談したくて、彼氏の親友(男)に相談した。(彼氏のことをよく知ってるから話しやすかった)
それ以来その親友と仲良くなったんだけど、彼氏が俺の親友とるなとキレてきてもう無理だと思って別れた。
私にも非があったかもしれないけど金欠、遅刻魔、友達優先の低スペックでよく付き合えたなぁ

続きを読む

663: 恋人は名無しさん 投稿日:2013/11/09(土) 19:12:30.15 ID:zInysbQl0
不満ぶちまけです
平日は会社の飲み会には参加するけど私とは会わない、会う前以外は連絡なし、デートは9割遅刻、事前に連絡もない、
お出かけや旅行の企画はほぼ私、基本計画性がないし立てても実行しない、誕生日プレゼント・ホワイトデー等のお返しはなし、お香典のお返しもない(お香典は何か欲しいというより、常識が心配)
翌日から仕事だから日曜は早く帰りたいと言っていて帰る時間も宣言してるのに、
私が帰ると言ってからHを要求してくる(彼の家まで2時間くらいかかる)、いい年して外で胸やら尻やらを触ってくる、
総合するとHだけの存在?って感じなのに親に会わせたがるし、結婚したいと思ってるらしい(彼の友人経由)

これで私より一回り近く離れてると思うとガックリくる。自分がちゃんとしてると思ってるところも痛い
良いところもあるし一緒にいると楽という気持ちはあるけど、一緒に生活したら絶対不満たまると確信したので別れよう
長々とすみません

続きを読む

382: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/10/06(土) 15:42:51.93 ID:20fRPrzx0
会う度に甥姪の話をされる
最初は私も子供が好きだし楽しかったが、画像を見せられたり毎度その話をしてくる
デートの待ち合わせに遅れると連絡きたが、甥っ子と買い物に行ってたからだった。結局三時間遅れて行く予定の所に行けなかった
甥姪の親たちは皆私より若いのもちょっと引っかかったり、甥姪六人に高い誕生日プレゼントあげたりするとか普通なのかな
今日も甥姪が来るから楽しみとデート中に言われたり、誕生日が近くて皆でお祝いするって言われた時には、「私がお金払うから皆でご飯食べてきたら、それ誕生日プレゼント」って言ったら「嫌だ」と言いながらも満更じゃなさそうだった
甥姪を優先する彼に、これは引いたより嫉妬なのだろうか

続きを読む

344: 恋人は名無しさん 投稿日:2013/04/10(水) 18:27:25.31 ID:O7PSk9W20
映画見に行く予定だったのにいきなり用事入ったとか言われて四時間待ちぼうけされたこと思い出した

はっきりした時間を言わなかったからまだ?と送ってもあとちょっと、あとちょっとの繰り返し
出かけることもご飯を食べることも出来ず髪の毛や化粧を崩したくなくてずーっと同じ場所に座ってた
映画も見れるような時間じゃないし呆れかえって今日はもういいと送ったら直後に「今終わった!」
時間無いから高速乗ろう!って私の車。私のETC。
そのあと、埋め合わせは何もなし。あれには心底呆れた

続きを読む

このページのトップヘ