385: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/13(金) 17:26:07.93 ID:tzO9HfHB
数年前に付き合っていた彼。
一流大卒・有名企業勤務で「知識豊富で頭の回転が速いオレ」が自慢の人だった。
二流私大(文系)卒・中小企業勤務の私は、ちょくちょく彼に
「○○(理系の専門用語)知らないの?さすが二流私大卒~w」とか
「今度の旅行のアジェンダまとめといて。あ、行動計画のことだよ。中小じゃ知らないよねw」
とか言われてた。

その度にイラッとしたけど、反面、知識のある人って素敵!とか思ってた。

そのうち、彼の家(実家住まい・遠い)に度々招待されるようになり、
彼母の手料理をごちそうになったりしていた。
彼両親もまた彼と同じような性格で、行くたびに私は無知な人扱いだった。
でも彼の家に認められたいって必死にがんばっていた。

あるとき、私は友人からパリ土産をもらった。
町のパン屋さんで見つけたというおいしいジャム。
お店の名は「Maison de~」というよくある名前。
本当においしかったので、彼家へおよばれしたときに、何本か手みやげにもっていった。

彼母に手みやげを渡すと、
彼母「まー、パリ土産って言うからどんな珍しいものかと思ったら.マイソンのじゃな~い。日本にもあるチェーン店よ」
彼「私子も無知だから、類は友を呼ぶんだなwでもマイソンはないわw」
彼父「マイソンなら駅前にもあるぞーw」
私「」

あんなに知識自慢してるのに、「メゾン」も読めないのかと思ったら急速に冷めた。
あと、「メゾンド~」という店名はすべて「マイソングループ」だと思ってるのにも冷めた。
続きを読む