発言

107: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/09/05(水) 20:53:15.50 ID:AfBXgxgbO
悲劇のヒロインぶる(?)ところが無理。

一緒にいたいからって、頼んでないのに彼氏が進んで送り迎えとかその他色々してくれる。
尽くすのが好きらしい。
でも仲間内で私の話をする時に、自分が率先して色々してるってことを言わずに、私がさせてるみたいな言い方をしてるらしい。
仲間内で私の評判がどんどん悪くなってて、でもそんな子でも俺は好きだから何でもするんだ!皆心配しないでくれ!みたいに締めるらしい。人から聞いた。
そして仲間内での私の悪い評判を何故かいちいち伝えてくる。
なんかもうめんどくさいから別れる。

続きを読む

678: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/10/16(火) 12:56:16.78 ID:79NZ+hns0
ペットのイヌが死にそうだったから約束してたお泊まりキャンセルしてもらった。
そしたら、「ドタキャンされて気持ち踏みにじられた」って電話かけてきた。
その時点でもう死んじゃってて、哀しくて泣いてる自分には何の言葉も無し。そればかりか、「死んでるならしょうがないじゃん。会いに来て(えっちしたい)。俺の気持ちをどうにかしろ」って言われて、もう無理とおもった。
前日は、長時間労働が続いてて疲れてんのに、次の日も朝早くから仕事なのに、性欲処理のためにラブホにつきあった、という経緯あり。
同じ職場ですが、彼は長時間労働してません。それでいて疲れたってすぐ主張するけど、その何倍もこっちは疲れてんのになー。

続きを読む

574: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/10/13(土) 17:53:48.84 ID:l6EE/flU0
その時の気分で言ってること180°変わること

彼曰く、不機嫌になってる俺を普段通りに戻せないお前暗いから嫌い
だそうな。
ここから始まって、私への不満のオンパレード→最終的に「帰れよ」か「愛はない」「女出来てないやつは好きじゃない」
私としては、いきなりめちゃくちゃ不機嫌になって言葉も荒くなられたらこわい
だから自然と無言になってしまう。言葉がつかえて出てこない感じ

そのまま寝て、翌日は大体元通りになってたり、そのまま友達と遊びに言って機嫌なおって
好きだよー、昨日のは嘘!ごめん!ってくる

私にも悪いところはある。好きだから大体のことは受け入れられるけど
でも不機嫌になったら相手が機嫌なおさせるべきっていう考えがどうにも受け入れなくてダメだ
私は誰か一緒にいたら不機嫌になるなんてそもそもやったらダメって思ってるから価値観違いすぎる
もう無理

続きを読む

454: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/10/10(水) 23:26:09.19 ID:lpIXAKtI0
ちっちゃいことかもしれないけど...
今度実習で特別支援学校に行くことになっています。
そのために学校にエントリーシート(実習したい理由とか)を提出しなくてはならず書いてました。
そしたら彼が、「特別支援学校ってさー強く言えば動物園だよねー」とサラッと言ってきたんです。
私の妹がもしかしたら脳に障害があるかもしれなくて(水頭症の手術を行った為)、その事を言おうか悩んでいた時だったので、何かが崩れた感じでした。
それに、もし自分の子供がなにかしらの障害を持っていたらその子も動物園行なのかと、そもそも同じ人間を見下しているような発言にドン引いてしまいました。
こんな一言で...と思う方もいるかもしれませんが、考え方、価値観の違いって大きいんだなと...
お目汚し失礼しました。

続きを読む

354: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/10/08(月) 19:23:50.26 ID:OS6fEABTI
ホームレス見るたび目で追いながらホームレスに聞こえる声で
あんな風にはなりたくないわー。生きてる価値なくね?
とにやにやしながら言っていたとき。
初デートの帰りの電車で酔っ払っていたからか、
近くのおっさんに喧嘩をふっかけたとき。
基本的に人を見下していて、口も悪く、口グセはクズ。
自分の価値観を人に押し付ける。喧嘩が嫌いで、
いつも喧嘩が激しくなる前に謝ってしまうんだが、
これはさすがに、と思うことがあって意見すると
頭おかしい、頭湧いてるんじゃない?、クズだな、
頭わるすぎ、俺が正しい、あと一回だけ市ねって言われたw
こっちも諦めてしまうので、結局は言いくるめられる。
束縛も激しくそのせいで仕事も何回か変えてる。
うちの実家には軽く借金があったのでけっこうキツかった。

他にも色々あったしひどいことも言われてきたが、
1番嫌だったのは家族と友達を悪く言われた事かな。
お決まりのクズ、生きてる価値ない等。
こんなこと言われて付き合ってる私も相当バカだが。
なんでかなかなか別れられない…

続きを読む

このページのトップヘ