クズ女

898: 恋人は名無しさん 2014/06/07(土) 16:17:52.24 ID:lsGSEqww0
思い返せば自分も悪かったが、いまだにバイク野郎見ると胸糞悪くなるからちょっと吐き出させて。


当時付き合ってんのか付き合ってないのか、判別しかねるが、それなりの関係だった奴がいた。

互いにゲーマーで、属しているグループのみんなでツイッターをフォローしあっていたんだけど、
あるとき、とあるぴっちぴちの女の子が
「夜道で男に絡まれた」「ここどこ~?怖いよー」だのと呟いた、ら、奴がバイクで迎えに行った。
深夜の3時に。
そのあとはツイッター上で「ありがと~怖かったよ~」「無事でよかった今度から気をつけろよ」といったような甘ーいやり取りが。
直接メールしろよ当てつけかよ。

前々からその女の子が奴に好意を寄せていると見て取れたが、
友人たちに「思い過ごしだ」「あの子は誰にでもそうだから(確かに彼女はちやほやされないと不機嫌になるが、奴に対してはあからさまにベクトルが違うんだが…)」と宥められていた。
たかが深夜に女をバイクで二ケツさせたぐらいのことだが、以前からモヤモヤしていたのもあって、ああもう無理だわと、急に冷めて二人とも切った。今も乳繰り合ってんのかは知らん。

そういえば、広く交友を持っている友人は二人とも好印象みたいだが、狭く深くな友人は二人ともちょっとアレだからねといった印象だった。
自分を棚に上げて言うのもなんだが、確かにあいつらはちょっとアレだった。
続きを読む

821: 恋人は名無しさん 2014/05/09(金) 08:40:56.08 ID:MyMGJFWH0
彼女に、別れるほどじゃないけど距離置きたいって言われてた理由が既婚男との不倫にハマったからだったこと
そいつへの気持ちは本気だけど奥さんいるから一緒になれないって悩んだ時にその男から、
それだったら一旦彼氏と距離置いて本気の恋愛楽しんだ後満足したら戻ればいいじゃんみたいなこと言われたらしく、W不倫みたい燃える!って状態だったようだ
人間って恋愛になると動物的というか、途端に常識やら倫理観やら失くして馬鹿になるんだな
日頃周りにも常識を注意するような彼女だったからまともな人間だと思ってたらコレだよ
女は関わる男次第ではただの猿になるな
続きを読む

730: 恋人は名無しさん 2014/05/05(月) 16:11:36.44 ID:6hH9jCyb0
カラオケに行きたいという彼女を、自分がよく行くカラオケ屋に連れて行った。
自分の家は駅の西口側で、いきつけの店は東口側。
西口側にもカラオケ屋はあるんだけど、東口側の方が料金が安いから、少し歩くことになるけど(5分弱くらい)いつもそっちに行っていた。
東口側のカラオケに向かっている途中、西口側のカラオケを通り過ぎようとすると、カラオケあるじゃん!と彼女が言う。
5分程歩くけど、東口の方が30分あたり50円安いんだよ、3時間いれば300円安くなるし。というと、300円のために歩かせんの!?と怒りだした。
いつもは基本俺が奢ってるんだけど、まさか他人の金なのに300円程度とか言う訳ないよなと思って、え?お前が今日は出してくれんの?と聞くと、はぁ!?なんで!?と。
お互い大学生で、俺もそんな金ないこと知ってるはずなのに。その場で、そういう考えの奴とは、悪いけど付き合っていけないといって、帰ってきた。
自分でも短気過ぎたかなと今になって少し反省してるけど、どっちみちうまくいってなかっただろうから後悔はしてない。
続きを読む

361: 恋人は名無しさん 2014/04/24(木) 00:33:18.87 ID:EGT+Baa50
もう婚約破棄するって決めたんで、吐く。
彼女と結婚きめて、日取りも全部決めてたんだけど、身内の不幸。それも家庭内の事なので、式は延期したいとあちら側に頼んだら断られた。
挙げ句には「こんな時期にそうなる方がわるい」ってあっちの父親にいわれて、彼女も同調。そらから彼女に言われた「その年でシスコンとか、キモい」で完全に無理だな、と。こんな人間のクズとは思わんかったわ……
続きを読む

848: 恋人は名無しさん 2014/04/20(日) 12:22:28.42 ID:+1hGczKt0
オシャレをして歩いている足の少し不自由な女性の方が転んでしまい、必死に起きているのを見て、「足悪いならヒールなんて履かなきゃ良いのに、意味わからない、まあ誰にも迷惑かけてないから良いけど」と聞いた時、彼女に冷めました。
ヒール履いちゃいけないのか?オシャレをしちゃいけないのか?デートでオシャレをしたかったかもしれないじゃ無い!
其の上から目線、差別的な目線、一気に冷めてしまいました。
これ位で冷めるのは…変なのでしょうかね~。暖かく見守るのが出来ない自分が子供なのか…
続きを読む

このページのトップヘ