メンヘラ

496: 恋人は名無しさん 2014/03/08(土) 20:06:16.26 ID:1xzraZHf0
彼氏が今現在(彼女がいると言わずに)仲良く連絡を取り合っている女のから送られた画像たちを私に見せてきた。
最初は食べたものとかの写真だったけど、徐々に足とか胸の写真になって、
最終的にはリスカの写真を見せられた。
私がそういうの苦手なの知ってるはずなのにねー
続きを読む

903: 恋人は名無しさん 2014/03/03(月) 04:04:24.44 ID:gPWrzSlE0
統合失調症+躁鬱の人と付き合ってたんだけど、罵声あびせられて無理だと思って別れた
付き合う前から病気のことは知ってたし、無理に支えたり過度に心配したりもせず、逆に突き放しすぎたりもしないように、自分では上手く距離感測って付き合ってたつもり
それでも波のコントロールまでは自分には無理だったけどね
相手の精神状態がやばくなったときに、俺はお前に殺される、もうお前なんていらない、クズなやつと関わりたくない、死んでくれ、などなど言われて無理になった
今も付き合い続けてたらお互いボロボロになってただろうな…
続きを読む

740: 恋人は名無しさん 2014/02/27(木) 18:49:10.85 ID:jbTu2pD80
メンヘラ女がこんなにキツいと思わなかった
全てがマイナス思考
なにやってもマイナス思考
挙句ヒステリーで怒り狂うと口も恐ろしい事ばかり。
自殺ごっこで別れ話を回避すると
次の日にはケロっとしてる。

もう限界疲れた
何度も何度も逃げ出したけど今度こそ目が覚めた。虐待受けた人間の心理とやらを調べたら自分だった。
自分はそんな馬鹿馬鹿しいwwくらいにしか考えてなかったけど。

小さい時から親が喧嘩ばっかだった
だから…喧嘩だけは嫌い。完全には無理だけどたかが2年でここまでされたら限界。

もうあなたの為に作る料理も薬も何もかも無駄な時間としか考えられない。

俺はメールすらだめ
お前は…ちゃんとLINE通知offのロックだもんな。
たかが1ヶ月の勤務先で3人も男のアドレス聴けるな。

でも…こんな女と付き合ってる俺も相当頭おかしくなっちってんだろうな。
新しい出会い、あんのかな。
穏やかな人がいい
続きを読む

146: 恋人は名無しさん 2014/01/27(月) 02:00:24.58 ID:SiSG+l2CO
今日やっと一区切りついた。
つきあってるんだかなんだかよくわかんなかった彼氏?と私、共に20代後半。
遠距離で彼氏激務、彼が1ヶ月に1回程度会いにきてた。
私にとっては初彼、彼にとっては4人目?6人目?くらい。
いままでずっと女性から告白→フラれるを繰り返す、またはメンヘラにつきまとわれ(本人談)女性不審。

だからといって試すような行動をされると困る。
彼に「来週忙しいんだ」と言われて、なんで?と聞いたら「うわっメンヘラだ!怖い」
1回しか聞いてないし深い意味もない。

私が送った手紙を部下に回し読みさせて「みんな大爆笑だったよ~」
特に人に見られて困る内容ではないけどモヤッとした。

私の容姿を悪く言って反応を見る。
とにかくメンヘラという言葉をすぐ出す。
嫌われているのかな?と思ったら、嫌いではないという。

組織内での成績はすごく良いらしくて仕事は順調。
自分の名前を世に残したい志は立派だけど、女性と付き合うのは向いてないかもなあと思った。
良くも悪くも正直なとこが好きだけどそっとフェードアウトするしかないかな。
今は遠距離だし、地元がいっしょだけど年末年始だけ気をつければ会うことはない…はず。
彼と付き合っていくのは私には無理だな。
続きを読む

125: 恋人は名無しさん 2014/01/26(日) 23:09:14.58 ID:zNnd2EUZ0
彼氏が高校の先輩で、今大学の関係で東京大阪の遠距離なんだけど、この週末うちに泊まりに来てた。
何だか元々夢見がちっていうか、一人で変なこと妄想してはそれを嬉々として語ってきたり
(私を命懸けで守って、泣き喚く私に最期にっこり笑いかけて事切れるのが理想の死に方だ、とか)
趣味押し付けてきたり(女性は白いカットソーにふんわりスカートにカーディガンじゃないと、とか)
彼はピアス大嫌いなんだけど私は開けたくて、20歳の記念に思い切って開けたら電話口で30分
無言になったり、元々色々香ばしくてうんざりしてたんだけど、今回とうとうやらかした。

金曜私は授業があったから彼をアパートに一人残して大学へ。
帰ってきたら、彼氏の姿がない。よくみると靴もない。荷物もない。
台所にはまだ温かいミートソース。そして「帰る」と一言だけの置き手紙。
どうやら何かが気に食わなかったらしい。嫌なことがあるなら面と向かって話しすればいいのに。
訳わからん、と思ってたら段々ムカついてきたので、思わず「ばーか」と呟いた。
続きを読む

このページのトップヘ