1: 恋する名無しさん 2013/11/03 22:48:10
勃ったら書く


2: 恋する名無しさん 2013/11/03 22:52:59
普段はROM専だけど今日は書かせてくれ

書き溜めてあるからぱぱっと行きます

3: 恋する名無しさん 2013/11/03 22:56:11
スペック
俺   現在21歳 大学生 
    彼女いない歴以下略 童貞 身長は高い方
    フツメン(告られた事くらいはあるレベル)

幼馴染 同い年 社会人
    色白 女子の中では高い身長
    頭の回転が早くインテリ メガネ 俺から見たら可愛い
    松嶋菜々子似(かな?)
    中学のときはモテてた

5: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:00:57
幼馴染は膝にアザを作る事が多かったので
「アザ」と呼ぶことにしよう
アザは俺を唯一下の名前で呼ぶ女子だった
ここでは「ヒロ」としておこう

幼馴染と言っても、小中高と学校が同じで
高校卒業してからアザの友達に俺を紹介するときに
「これ私の幼馴染だよー」
って紹介されたから
(俺たち幼馴染だったのか・・・)
って思うようになった
家が近いとか、小さいころから一緒に遊んでたってわけではない


独り言やな・・・

6: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:05:06
しばらくは何ともない話が続きます

アザは小学校の時に俺がいた町に転校してきた
最初は特に意識してなかったし
アザは元気な女の子で結構暴れるキャラ
そんな印象だった

俺はアザに筆箱を壊されたことがあって
正直好きじゃなかった
とにかくアザは活発だった

7: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:07:44
中学に入るとさすがにアザは落ち着いて
むしろ大人びてきた
当時は俺より身長高かったし
リーダーシップもあったから同じ学年でも結構頼られるような存在だった



中学3年間同じクラスだったこともあり
かなり仲良くなった
テストのときは点数で勝負したり
体育祭の時は写真撮りあって笑ったり
あのころは楽しかった

でもこのころアザには彼氏がいたし
俺にも好きな人がいたから
お互い意識したことは無かった

と思う

8: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:15:22
バス通学だったため
俺の朝課外が無い時は一緒に乗って登校したこともあった
俺の部活の顧問がアザの担任だったこともあり
そいつについての愚痴で盛り上がることもあった


朝課外の無い朝は
「今日はアザと一緒に行けるな」
とか

少しずつ意識するようになった

ま、一方的だろうけど

9: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:18:23
よんでるで

10: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:18:45
高校に入って携帯を手に入れた俺は時々アザとメールした
特に用事が無いときはメールできない奥手な俺だったけど


部活でいい成績とったときに報告メール送ったら
結構褒めてくれた

まぁ普通か(笑)
こんな些細なことでもうれしかった

11: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:21:33

高3年の体育祭
雨が降って午後からの開催となった
先ほども言ったがバスでの登校だったため昼前ごろに家を出た

一度快晴になったため傘はいらないと思ったが
大事をとって傘を持った

案の定バス停でバスを待つアザ見つける
(体操服もかわいいな)
と変態な俺は内心喜びつつ一緒に学校へ向かった

12: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:24:05



しかもバス停から学校までは少し距離があって結構歩かされる
家を出る時は快晴だった空は曇り

雨が降っていた

「うち傘持ってきてない」
「え?」


アザと
俺は
相合傘で学校へ向かった

人生初相合傘!
ありがとうございます!

14: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:27:22
にしても俺と相合傘なんかして大丈夫なのだろうか
てかコイツ体くっつけてくるし

とか思って少し離れたら
「ちょっと濡れちゃうじゃん、離れないでよ」
「いいんだよ俺は、ちょっと濡れたって」
「ダメでしょ、何?もしかしてうちと相合傘して照れてんの?」
「照れてねーよ」
「はいはい(笑)」

相当デレデレしてたんだろうなこの勘違い野郎は・・・
なんでこんな勘違いしたんだろうと今でも後悔してる

13: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:27:25
好きになってしまったのはいつの事なのか?

15: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:30:41
>>13
それは後々書きますよ
このころは仲のいい友達ってくらいかな

学校に着くと雨はあがり
半分ほどの種目が行われた

部活が盛んな学校だったこともあり部活動行進が最初に行われた



ユニフォーム姿で行進し終わり
部室に戻ろうとしていたら
アザと遭遇した

「よっ!さっきはありがと」
「お、おう」
「ヒロの行進カッコよかったよ」
「いやぁ照れるな」
「写真、撮ってあげるね」
「中学校以来だな・・・でもなんで?」
「お母さんに見せるの」
「え?」

16: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:34:57
この時二~三枚獲られたが
この写真の行方を俺は知らない
俺の写真は何に使われたのだろうか
本当に母親に見せただけだったのか
未だに謎だ


ちなみに母親ルートは無いのであしからず

17: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:39:13
・・と高校時代はとくに何も進展は無かった
(この後も特に進展はないけど)


俺は地元の大学へ
アザは専門学校へ進学した


通学は引き続きバスであり
大学の一限があるときはアザと一緒のバスに乗った

18: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:43:35
眠いから加速

朝が楽しみだった
大学では男友達ができたものの女子の友達は皆無

俺が唯一気兼ねなく話せるのがアザだけだった
アザはいつも笑っていた
しゃべっているとあっという間に学校前についてしまった
一緒にいると楽しかった
俺も自然と笑顔になっていた

そう思っているうちに
俺はアザのことを好きになっていた
傍から見ても仲のいい男女、もしくはカップルだったかもしれない

俺は心のどこかで(ほんとに付きあえたらいいなぁ)
と思っていた

19: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:46:52
ある日アザは自分の夢について話してくれた

「うち白衣の天使になるから」
「患者が可哀想だな」
「どういう意味かな?」
「別に(笑)」
「ヒロは意地悪だなー」

内心
(白衣の天使=ナース=チクッとしますよ~…)
とかエロナース妄想してしまって荒れていたのだけれど

20: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:53:52
「じゃ風邪ひいたらアザがいる病院行くわ」
「ヒロ意地悪だから、来たら蹴ってあげるね」
「ありが・・・じゃなくてやめて!」
「今なんて?」
「なんでもないでございますわよ、アザさん」
「ふーん」

ドMな性癖もバレるとこだった
ジト目でこちらを見るアザを見たいと思いながらも
ボロが出るのを恐れて頑張って目を逸らせた

21: 恋する名無しさん 2013/11/03 23:59:55
ある日
「ねぇヒロ!今度勉強会しようよ」
「え?勉強してる事違うじゃん?」
「いいんだってそんなの、ねぇどう?」
「しょーがねーな」

週末
近所の図書館で勉強会をしました
男女二人きり

22: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:00:27
アザはテストが近いらしく
一生懸命勉強してたけど
俺はというと
別に勉強する事無かったから英語の予習とかやってた


「なぁ、同級生とやった方が捗ったんじゃねーの?」
「えー?ヒロもしかして私と勉強したくなかった?」
「そんなこと言ってないけど」
「じゃあ、いーでしょっ」(爽やかスマイル)


本人がそう言うので
それ以上は何も言わなかった
何故この時よりによって俺を誘って勉強会したのか

これも謎である

23: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:02:35
その後勉強会をすることは無かったが
朝や帰りのバスで一緒になるたびたくさん喋って
アザのことを色々知って
俺はアザの事をもっと好きになった

勉強会の件があってからは
行けるんじゃないかと
心のどこかで思っていた

バカだよ俺は

24: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:03:26
この年の冬
俺は決心してアザに告ることにした
そこで俺は何を血迷ったか
手紙で告白したのだった

今思えばこんな愚行を何故したのか

最大の謎である
直接告っていれば今頃・・・



俺は奥手だった
直接告白する勇気が無かった
単純にフラれるのが怖かった
楽しい今の生活が終わってしまうのを恐れていたのだろう
無駄に高いプライドwwww

25: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:06:48
アザが好きなアーティストのCDをたまたま持っていたので
「これ貸すよ」
「あーこれ聴きたかったやつ!ありがと」
「じゃ今日も頑張ってね」
「ヒロもね、バイバーイ」


そうやった朝のバスで渡した
CDケースに手紙を仕込んで



その日
授業どころじゃなかった
気になって気になって
先生の話は頭に入って来ない
結局その日中には返事が来なかった

26: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:09:46
次の日
お昼
学校で昼食を食べ終え
ケータイに目をやると
アザからのメールが来ていた


「ぬわっ」
と声をあげてしまい友達に見られる
「なんでもねーよ、あはは」

ここではまずいと思い教室の外でメールを見た

27: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:11:04
ありがとう
でも
好きな人にフラれたばっかりだから

ヒロの気持ちには答えられない
ごめんね



なるほど!



俺は幼馴染にフラれた

28: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:12:51
今思うとなんで手紙なの?って思う
女の子はやっぱり直接言ってもらいたい生き物だって聞いたよ
これの一年後に


おせぇよ!
変なプライドなんて捨てて直接言っていれば・・・
後日
朝バス停の前でアザを見た

29: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:16:21
何か話したほうがいいと思ったが


「おはよう」
これしか言えなかった



「おはよう」


アザの声は
明らかにいつもと違った
暗かった

いつもの笑顔はそこには無かった

30: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:17:40
何故近くにいたのにアザが恋していたことに気付かなかったのだろう
近くって言ってもいつも一緒ってわけじゃなかったけど

恋バナしたときだって
「ヒロ彼女いないの?」
「いねーよそんなもん、それより自分の心配しろよな」
「えー冷たいなーヒロは」
「どっかにいい男くらいいるだろ」
「えー今んとこは・・・いない・・・かな?」
「かなって?」
「えー秘密っ」


みたいに
いない雰囲気醸し出してたじゃん

31: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:19:00
ってよく考えたら
居そうな雰囲気も出てるな

鈍い俺です




とまぁこんな感じ
一年前までは時々帰りのバスでも会って普通に喋ってた
アザは就職決まってお仕事頑張ってる



暗かったのは告ってからの数日くらい
そのあとは普通に振舞ってた

32: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:19:58
最近は姿も見ない
そんな感じ


短かったけど楽しい時間をありがとう
アザには感謝しています
今となってはいい思い出
青春の1ページです



これ以来好きな人ができない
話せる女子は増えたのですが
友達以上の関係にはとてもなれないな
と思います

俺の人生で友達以上恋人未満は
アザだけ
いや
それも俺の勘違いだったのかもしれない


おしまい

34: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:23:07
>>32なんで好きな人ができなかったの?彼女だけ好きになったのはなんでなの?

35: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:26:19
>>34
分からない
他の人に魅力を感じないからかな

それ以前に他の女子との絡みが少なすぎるからね(笑)


アザは誰とでも話せるやさしい女の子でした

39: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:32:55
>>35絡みかぁ(^^ ;)たしかに好きになるのに時間かかるの分かる(´・ω・`)
やっぱ最初は好きじゃなかったっていうのは違うんじゃないかな(^^;)))
もともとストライクゾーンじゃないと好きになることはあんまりないと思うんですよね。ていうか私がそうなだけなんだけどw

40: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:35:10
>>39
まぁねー
心のどこかで意識してはいたと思う

それに気づいたのがつい二年前だったってことかなー

36: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:30:27
思い出を
 美化補正して
     拗らせる

38: 恋する名無しさん 2013/11/04 00:32:09
補正は少しかかってるけどね

実際省いた部分がかなり多いよ
アザはあざとい

48: 恋する名無しさん 2013/11/04 17:20:11
好きでもない人と2人で勉強しようとは思わないので、好きの種類はおいといで、大事な存在であったことに変わりはないはず。また素敵な人に会えることを願ってますよ、おつでした。

引用元: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1383486490/